目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼拡大術(たれ目形成)はどんな人に効果が期待できる?

可愛くて魅力的な女性のチャームポイントである目元は、大きくて少し優しい印象を持ってることが人気の傾向にあります。目元を優しい印象に近づける美容整形に下眼瞼拡大術(たれ目形成)という施術です。下眼瞼拡大術(たれ目形成)には3種類の術式があり、それぞれに効果や特徴などが異なります。1つ目は結膜のみ切除する施術で、この術式は抜糸が不要というメリットがありますが下げ幅は控えめになります。次に医療用の糸によって下まぶたの裏側から引っ張る術式があります。3種類の中では最も気軽に受けることができる施術で、費用も比較的安価となっています。最後の皮膚を切除する方式は3種類の中では、最も皮膚をしっかりと下げることが可能です。この術式は下まぶたの皮膚を切除した上で裏側を縫いとめる、両側からのアプローチで確実な変化を出すことが出来るのがメリットです。つり上がった目の印象を優しく可愛らしい、理想の下まぶたのラインを作り出すことが可能です。

下眼瞼拡大術(たれ目形成)の効果

ネコ目や吊り目のタイプの方におすすめ

下眼瞼拡大術(たれ目形成)の施術を行うのに向いている方とは、元々の目元が以下のような状態の方です。目の先端が上方向に吊り上って見える、いわゆるネコ目や吊り目のタイプです。吊り上がった目元は人にキツい印象を与えてしまいがちです。下眼瞼拡大術(たれ目形成)を行うことで、キツい目元を優しく柔らかいイメージに一新することが出来ます。下まぶたのラインが下側に下がることでタレ目に近づき、甘い雰囲気のチャーミングな目元を導く効果があります。さらには下側に引き下がることで、目全体の面積が広がるのでより一層大きな目元に近づけます。最近の若い女性の間ではタレ目メイクというアイメイクがブームになっていますが、下眼瞼拡大術(たれ目形成)を行えばスッピンでも可愛らしい目元を演出することが出来ます。この施術は局所麻酔を施して行う日帰りで可能な術式のため、ダウンタイムなども比較的短めなのが特徴です。目元の印象を優しく変えたい女性に、最近では定着した人気を誇る施術をなっています。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*