目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼拡大術(たれ目形成)を受けることによって得られるメリットとは

つり目だと人にキツい印象を与えやすくなってしまいます。対して垂れ目は温和で優しそうな印象になるため、垂れ目に憧れている人も多いと思います。
そんな人におすすめなのが、下眼瞼拡大術(たれ目形成)です。
文字通り垂れ目を形成するための整形手術で、下眼瞼下制やグラマラスライン形成とも呼ばれます。
手術には、皮膚側から切開をする方法とまぶたの裏側から切開する方法があり、裏側から切開する場合には皮膚に傷跡はほとんど残らないとされています。
もっと手軽に行ないたいという場合には、ボトックス注射をすることによって筋肉を緩めることで垂れ目を形成する方法もあります。
下眼瞼拡大術(たれ目形成)は基本的に、自分の希望する下げるポイントを決めていくため自分の理想の形に近づけることができます。
メリットはそれだけではなく、方法の違いによってさまざまなことがあるため自分に合った手術方法で行なうことをおすすめします。また、目を大きく見せることができるため目が小さい人にも良いとされています。

下眼瞼拡大術(たれ目形成)のメリット

下眼瞼拡大術(たれ目形成)のメリット

下眼瞼拡大術(たれ目形成)のメリットはさまざまなものがあります。
切開を伴ってい場合には垂れ目を形成する、眼窩の脂肪を取り除くこともできるためくまやたるみの改善にも効果を出すことができます。
目尻部分が下に拡大するため、小さい目を改善することができ、逆さまつげ手術と併用することによってまつ毛が下向きになるため目をぱっちりとした印象にすることができます。
下眼瞼拡大術(たれ目形成)は、手術によってダウンタイムも異なってきます。まぶたの裏側から切開する方が皮膚側から切開するよりもダウンタイムが短いという傾向があります。
ボトックス注射は簡単で安価にできる垂れ目形成ともいえます。数ヶ月から数年で効果はなくなりますが、手軽に行なえるというメリットがあります。
しかし、どのような手術であれリスクやデメリットは付き物です。そのことをしっかり理解してから、技術力の高く信頼のできる医師の元でしっかりカウンセリングを行なってから施術を受けることが大切です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*