目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

下眼瞼切開法の効果はどのくらいなの?

人によって個人差はありますが、目元の変化というのはとても重要な機能を持っています。その人の喜怒哀楽を表すだけでなく、年齢や健康具合なども目元の印象でだいぶ違ってきます。
目じりのこじわなどは、ヒアルロン酸の注入によってかなり改善されることが多いです。簡単な麻酔のみで、皮膚を切開することなく行えるので、多くの人が試しに受けています。しかし、ヒアルロン酸の注入は効果が長続きしないという欠点があります。体内に入ると、徐々に分解されていき、やがて体内に吸収されてしまいます。
一方、深いしわやくぼみなどに効果のある方法は、下眼瞼切開法です。この方法はヒアルロン酸の注入のように限定的な効果ではありません。永久にというわけにはいきませんが、半永久的にその状態を保つことができます。またメスを入れる方法なので、はっきりとした変化が分かりやすいとも言えます。
下眼瞼切開法にはいくつかの方法があり、その人の目元の状態や要望に合わせて、どのような方法をとるのか決定していきます。

下眼瞼切開法の効果

下眼瞼切開法における三つの方法

下眼瞼切開法は主に三つの方法があります。
一つ目は皮弁法という方法です。これは瞼の下を切開したあとに、脂肪を取り除き余分な皮膚を切り取ってから縫合します。この方法は一番シンプルの方法で、ややくぼみやしわに対して効果は弱いです。
二つ目は筋皮弁法という方法です。基本的に皮弁法と同じですが、脂肪の除去後に瞼下の筋肉を引っ張り上げます。こうすることで深いしわやたるみに対して効果的に作用することができます。
三つ目はハムラ法です。この方法は脂肪を除去するのではなく、くぼんでいる部分に移動させる方法です。切開してから、脂肪を対象となる部位まで移動させ、必要に応じて筋肉を引っ張り上げます。三種類の中で、この方法が一番効果的な方法で、深いしわやくぼみの解消に最も有効です。
下眼瞼切開法はいずれも外科手術によるものなので、長い間その状態を保つことができます。しかし、筋肉の変化や皮膚の張り具合が変化してくるために、少しずつもとに戻っていくことに注意しましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*