目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(腱膜前転法)はリスクを知らずに受けるべきじゃない

眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術とはまぶたにメスを入れて眼瞼挙筋という筋肉を縮める手術のことです。
加齢などによりまぶたの筋肉がたるんでしまい、まぶたが開ききらないことで視界を狭めてしまったり、眠たく見えてしまうといった症状を改善することができます。
日常生活に支障が出るような状態であれば、健康保険適応内で行うことができる手術ですが、眼科での手術となるので仕上がりの美しさは美容整形外科とは異なります。
大体の場合、来院してカウンセリングを行い、洗顔をした状態で仕上がりのイメージの確認を行います。
イメージのすり合わせが出来たら麻酔をして手術という流れになります。
麻酔も局所麻酔を使用することが多いので、短時間で終了することができます。
一見簡単そうな眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術ですが、もちろんリスクもあります。
種々を考えている場合は、きちんとリスクも把握しておきましょう。
信頼できる医師を捜すことも大切なことです。

眼瞼下垂(腱膜前転法)のリスク

眼瞼下垂(腱膜前転法)のリスク

短時間で手術できる眼瞼下垂(腱膜前転法)の手術ですが、リスクの把握もきちんとしておく必要があります。
眼瞼下垂(腱膜前転法)のリスクとして挙げられるのが、まずは仕上がりのトラブルです。
これは美容整形においては、比較的多いトラブルの一つですが、左右の大きさが異なってしまうというリスクは回避できません。
特に健康保険適用の場合、仕上がりの美しさについてはあまり重視されないので、特に仕上がりの不満が多く出やすいです。
またまぶたを切開して行う手術のため、数日は腫れが目立ってしまいます。
また傷口が目立たなくなるまで、日数がかかる場合があるので、仕事などの都合をつけておく必要があります。
平均的には1ヶ月程度で目立たなくなりますが、人によってはかなり長引いたり、傷口がしこりになってしまったりする場合もあります。
また医師の腕によって仕上がりが左右されやすいという点にも注意が必要です。
価格だけでなく信頼できる医師を捜すことが大切です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*