目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(筋膜移植術)のメリット2つをまとめ

吊り上げ法とも呼ばれる眼瞼下垂(筋膜移植術)の手術は、太腿から筋膜を持ってきて瞼に移植するという方法なんですが、これは皮膚がたるんでいる人、瞼の筋肉が弱っている人、筋肉と瞼の腱膜が緩んでいる人などのためのものです。
眼瞼下垂(筋膜移植術)の手術は、受けるにあたってリスクもある、とても難しい手術です。
手術後の注意点については、術後2、3日くらい、洗顔や洗髪は控えてください。
お風呂やシャワーはその日は控えてください。
ダウンタイムについては、数週間から1ヶ月ほど腫れや傷跡が残ることがあります。
しばらく痛みがある人もいます。
そういう人は、クリニックから処方された痛み止めを飲んだり、冷やしたタオル、アイスパックなどで冷やしたりしましょう。
痛み止めは鎮痛剤のことです。
上記のようにリスクもありますが、メリットもすごく多いです。
リスクとメリットを踏まえて、医師などとよく相談して、受けるかどうか決めてください。

眼瞼下垂(筋膜移植術)のメリット2つをまとめ

目が大きくなる利点

筋膜移植術の眼瞼下垂の手術を受けることによって、ぱっちりと目が開けるような状態に変えてみたいと思っている人に紹介したいと思える美容外科などのクリニックでは、目に関する悩みを解消するための手術を多数行っている環境を整えており、目を良いデザインに仕上げるための最良の治療方法を選びやすくなっていて、さまざまな方法のシミュレーションをしてもらうことができます。

保険適応で手術をすることができるプランなども用意されているので、費用の面で心配している人でも治療を受けやすい環境が整えられていて、たくさんの人が目を良好な状態にしやすくなっています。顔のさまざまな部分の治療にも対応していて、世界中から多数の技術を導入しているため、複雑な治療方法であっても、安心して任せることができ、きれいなものに仕上げてもらえるため、多くの人がいろいろな治療を行っていて、魅力が多くなっています。

筋膜移植術の眼瞼下垂の手術は、太ももなどから筋膜を摂取して、瞼に移植するような内容の治療法になっています。目は、二重のラインにそって切開していくことが多く、手術の治療後には、二重の跡がつくような内容になるため、きれいなものに仕上げられ、とても良い内容の治療をしていくことができます。

眼瞼下垂(筋膜移植術)のメリット

瞼の筋力が無いという症状を治せることがメリット

眼瞼下垂(筋膜移植術)のメリットにどんなものがあるでしょう。
先ず、瞼の筋力が無い場合、眼瞼下垂(筋膜移植術)以外で治すことはできません。
瞼の筋力が無いという症状を治せることがいちばん大きなメリットでしょう。
また、目が小さいなど、外見にコンプレックスがある人にとっては、二重にして目を大きくみせられることも大きなメリットでしょう。

目が大きくなれば、見た目の印象がとても良くなって、自分にすごく自信が持てるようになります。
自信がつけば色んなことに対して積極的になれます。
二重にする場合、美容的な目的ですから自費診療になります。
ですが、高額を出す価値は充分にあると言えるでしょう。
それから、コンタクトレンズの刺激やアイプチのテープやのり、老化などにより、瞼の筋肉が伸びきってしまったという症状も治すことができます。
なお、自分の筋膜を移植するわけですから、拒絶反応が起きるというようなことはほとんどありません。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*