目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の一番の効果とは

上まぶたの筋力が落ち、瞼が下がっている状態を眼瞼下垂と言います。先天性と後天性があり、先天性は生まれつきで、後天性はコンタクトレンズによる刺激などで眼瞼拳筋が衰えた状態になります。
眼瞼下垂(挙筋短縮法)の一番の効果は、延びてしまった眼をあけるための筋肉を切除し、短縮することで眼を開くようにすることです。眼瞼下垂(挙筋短縮法)は、瞼の内部の筋肉を傷つけるリスクもあるため、拳筋前転法で改善が見込めない場合の重度の眼瞼下垂に行なう手術です。手術の方法には、瞼の皮膚側を切開する経皮法と、瞼の裏側を切開する結膜法があります。手術を受けた当日に帰宅することができ、術後は腫れる可能性が高いため、サングラスを持って行くと良いです。洗顔や洗髪、入浴などは術後の翌々日から可能です。抜糸は術後1週間程度で行い、抜糸後2日程度でメイクも可能です。ダウンタイムは個人差がありますが、一般的には3日程度は強く腫れ、腫れが治まるまでは約1〜2週間必要です。結膜法はダウンタイムが短く、約1〜10日間で腫れは治まります。

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の効果

拳筋を直接短縮でき、重度の眼瞼下垂の治療が可能

眼瞼下垂(挙筋短縮法)の大きな効果は、拳筋を直接短縮でき、重度の眼瞼下垂の治療が可能なことです。経皮法は同時に二重まぶたの手術も可能です。デメリットは、交感神経と関係のある筋を傷つける恐れがあることです。この手術は切開手術なのでダウンタイムが必要で腫れが引く期間が長引くことがあります。
上まぶたの筋肉が落ちて瞼が下がった状態の眼瞼下垂を治療する方法には眼瞼下垂(挙筋短縮法)の他に、拳筋前転法があります。これは比較的症状が軽い場合や、重度ではない拳筋由来による眼瞼下垂の場合にはこの方法で手術を行ないますが、眼瞼下垂が重度の場合には挙筋短縮法で手術を行ないます。
眼瞼下垂(挙筋短縮法)は特に交感神経に繋がる大切な筋肉を傷つける可能性があるため、難しい手術でもあります。この手術を受ける場合は、技術が高く、事前カウンセリングをしっかり行いリスクなどを説明する医師やクリニックを選ぶことが重要です。技術が高い医師を見つけるには、ネットで信頼できる医師を紹介しているサイトなどを上手に利用して紹介してもらうことも良い選択となります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*