目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眉下切開法(上眼瞼リフト)が効果的なのはどんな人?重要2項目まとめ

目は加齢による影響が最も出やすい部分です。
加齢により目の周りの筋力が低下し、皮膚が伸びてしまい、たるみとなります。
ほとんどの場合は化粧品で解決することはできません。
眉下切開法(上眼瞼リフト) とは、加齢などの原因で悪化してきた目の上のたるみを解消する美容医療です。
眉毛の下を切開し、程度の余分な皮膚を切除することでたるみを解消します。

伸びてしまった上まぶたの余分な皮膚を取り除くことで、一気に若返った印象になります。
目の形を変えずにたるみだけを取りたい場合は眉下切開法(上眼瞼リフト)が有効です。

加齢による上まぶたのたるみが気になる方やもともと腫れぼったいまぶたが気になっている方に効果的です。
また、眉下から目までの距離が比較的広い方に適しています。
加齢によるたるみで、二重の幅が狭くなってしまった方、もともとの目の形を変えずにたるみだけ取り除きたい方に最適の美容医療と言えます。
まぶたを切開するのではないので、もともとの目のラインに手を加えないため、自然な仕上がりになります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の効果

隠れていた二重のラインが復活

加齢で上まぶたがたるんで、二重の幅が狭くなってしまった方、一重になってしまった方などは、眉下切開法(上眼瞼リフト)により隠れていた二重のラインが復活します。

また、眉下の余分な皮膚を切除するので、眉毛から目までの距離が縮まり、若々しい印象の目もとにすることができます。
皮膚のたるみが視界を遮ってしまっている眼瞼下垂などの場合は、眉下切開法(上眼瞼リフト)により、視野が広がります。
また、無意識に眉を持ち上げてまぶたを引き上げることがなくなるので、肩こりや頭痛などの改善にもつながります。
ダウンタイムも比較的短いと言われており、腫れは3~5日程度で、その後1週間~2週間程度で引いていきます。
傷の部分へのメイクは抜糸した数日後から可能です。

傷跡はアイブローなどのメイクで隠すことができるので、他のまぶたのたるみ取りの手術と比較して周囲にばれにくいと言われます。眉下切開法(上眼瞼リフト)は加齢によるたるみに悩んでいる方に効果的と言うことができます。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の効果

眉下切開法を受けるなら、口コミで人気のクリニック・美容外科

皮膚のたるみは加齢により発生しやすく、まぶたに起きてしまうと垂れ下がってきて視野を狭くしてしまうことがあります。見えにくくなると無理に目を見開こうとするため、眉毛ごともち上げておでこにしわが寄りやすくなるなど、ほかの部位にも影響を与えてしまいます。こうしたまぶたのたるみには、眉下切開法を行うことで解決が期待でき、上手い医師による施術が欠かせません。

まぶたの上部を切開する方法とは違って、眉下切開法であれば傷跡が目立ちにくく、二重部分にも影響を与えにくく自然なラインが保たれたままになりますから、自然な仕上がりになって施術を受けたと気づかれたくない人に適したアプローチ方法です。

施術は1時間ほどで終了し局所麻酔で行うことができて、抜糸は1週間後になります。腫れや赤みなども抜糸を行うころまでには治まってくることが多いです。

眉下切開法は、安いクリニックで230,000円ぐらいの料金から行われています。デザインによって眉下で切り取ることになる皮膚の幅に違いがありますから、丁寧なデザインが成功のポイントになります。慣れていない医師が行うと、たるみに適した幅を切り取らずに失敗したるみが解消されなかったり、眉下に不要な引き攣れができてしまうことがあります。切り取る幅を間違うと目の開き方に左右差が出て、二重まぶたなどのラインの高さも違ってきてしまいます。

傷を目立たせないようにするために、あまりギリギリのラインを切開してしまうと、眉毛の毛根がダメージを受けて眉毛が生えにくくなって、傷跡をうまく隠せなくなってしまう失敗もあります。

評判が良い眉下切開法を実施しているクリニックであれば、たるみの状態や目のサイズに合わせてデザインを行い、適した切開と縫合で垂れ下がってしまったまぶたを上げて、すっきりとした見えやすい視野を確保し、若々しい目元を取り戻せる確率も高まります。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*