目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眉下切開法(上眼瞼リフト)に失敗で起きる5つの例と修正できる病院の紹介

二重瞼なのに上瞼がたるんでいるせいで顔の印象がぼやけてしまっているなど、瞼のたるみに悩まされている人は少なくありませんよね。

そのような悩みに有効な手術が、眉下切開法(上眼瞼リフト)です。

これは眉毛の下を切開し、たるんだ皮膚を切除することによって上瞼のたるみを取り除き、目元をすっきりと見せる施術です。アイリフト効果があるため、顔の印象が若返りますし、比較的傷跡が目立たないため、整形だと知られたくない方に有効な施術といえます。また一重瞼でも二重瞼でも対応できるという特徴もあります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)は、比較的トラブルの少ない手術といえますが、失敗例が全くないわけではありません。メスによる切開をしなければならないことから、どうしても手術によるリスクは生じてしまいます。

代表的な失敗例が、傷跡が目立ってしまうこと、見た目に左右差が出てしまうこと、皮膚の表面に凹凸ができてしまうこと、内出血が残ること、たるみを十分に取り除けていないことなどです。

この場合には、再手術による修正などをすることになります。

こちらのページでは眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例や修正についてご紹介致します。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の修正

上眼瞼リフト(眉下切開法)の手術は上瞼のたるみを解消するため

上眼瞼リフトでは、年齢などの加齢の影響によって、上瞼が伸び切ってしまうことがあり、それによって目が小さくなってしまうこともあります。

たるみが起きると化粧品でも解決できない状態に至ることも多いため、余分の皮膚を取り除くことができれば、若々しい目の状態を保つことが可能となります。

上眼瞼リフトの手術の方法としては、上瞼の皮膚を切除することが行われ、それによって目と眉毛の間の距離が短くすることができます。

眉毛と目との間の距離を短くできると、若々しい表情に見違えることにも繋がっていくため、見た目の表情も魅力的になります。

ただ上眼瞼リフトでは、失敗事例に至ることもあり、その修正を施したいと検討される方もいます。

眉毛と目の間の皮膚や脂肪を切除して行う形で施術を進めていくため、それが無くなってしまうと重力の関係上、眉毛が下がってきて歪になるケースも見られます。

他にも上眼瞼リフトを行うと切除した所を縫合することも行われるため、その切開や縫合箇所が解ってしまうケースも見られます。内出血や腫れなどが個人差があるため、なかなかひかない状態に陥ることも多く、修正を検討されるケースも多いです。

さらに加齢と共に眉毛が下がることも顕著となるため、将来的にも修正を必要とするケースもあります。

眉下切開の失敗

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例についてまとめます。

眉下切開とは、目の上のたるみを除去する手術ですが、医師選びを間違えると致命的な失敗につながります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)に失敗すると

デザインの不自然さ

代表的な失敗例としては、まずは見た目で分かる失敗のデザインの不自然さがあります。

大きな物としては顔の雰囲気が全く今までとは違った感じになってしまうと言う物で、その場合は周りの人に何かあったのではないかと気づかれてしまう場合もあるのでこっそりと手術をしたいと思っている人にとっては出来るだけ避けたいと思う事だと言っても良いでしょう。

左右差

また目の形が変わってしまったり、二重の幅が左右で変わってしまうと言う事もあります。

出来るだけきれいな状態の眼にしたいと思って眉下切開法(上眼瞼リフト)をしたはずなのですが、手術によって結果的に顔のバランスが崩れてしまったと言う事もあるので気を付けなければいけません。

眉下切開法に失敗してしまうと傷跡が残る可能性が

眉下切開法は、美容整形術のひとつで眉の下側を切開して、皮膚を一部切除して縫合することで、眉下の皮膚をリフトアップし、まぶたのたるみを取るというものです。

眉下切開法で切除する皮膚の量はわずかですが縫合を伴うため縫合した傷跡が残ることになります。

通常は眉下に沿って縫合するので術後も目立たず時間が経過すればほぼ見えなくなりますが、未熟な医師が行った場合には縫合跡が残るリスクが高くなります。

二重幅が変わるリスク

眉毛が下がったなど!上眼瞼リフトの修正を求めたくなるトラブル例もあります。

眉下切開法は、眉下の皮膚を切除して皮膚を引っ張り上げるという方法で、上まぶたが上方向へ引っ張り上げられることになります。そもそもこの方法であついまぶたを薄くするといったものであり、二重まぶたの場合には二重幅が変わることになります。

適切な切除の量であれば若々しい状態に戻すことが可能ですが、過度な切除の量になると二重幅が不自然になるリスクがあります。このため施術を受けるさいには十分なシミュレーションをする必要があります。

たるみが取れないといったケース

眉下切開法は皮膚を切除し縫合する方法であるため、切除の量が少ない場合には、たるみが取れないといったケースもあります。また人によっては、皮膚の状態や、まぶたそのものの厚みや量が異なるため人によっては効果が出にくい場合があります。

特に向いていない人としては、目頭側にたるみが多いケースで、この場合には目頭側のたるみが上手く取れない場合があり、アンバランスな状態になるリスクがあります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗

上手な医師・クリニックの特徴

上眼瞼リフトの施術を検討される方は、目元に拘りを持ち、若々しい状態を作り出したいという目的があるからです。

上瞼が下がってきてしまうと眠そうな目になることもあり、しかも視界が狭いので見えづらい等の症状になることもあります。

上眼瞼リフトの施術を行った後、視界が見やすくなり、肩こりが解消されたり疲れにくくなることもあります。

そのため上眼瞼リフトの施術を行えば、美容以外にも様々な日常生活でのメリットを享受できることも多いです。

一方、上手な医師の特徴は患者さんの目の状態に合わせた施術法を展開してくれる点があります。

人によっては眉毛が下がってしまうことも多いため、その眉毛が下がらない様にする工夫や対策を行ってくれます。

施術後に加齢と共に生じた眉毛の低下については、その修正を行ってくれるメリットもあり、その技術についても長けています。美容の世界では時代のトレンドが日進月歩と変化していくこともあり、そのトレンドを把握しているなど柔軟性を持つと施術の上手な医師として人気も出ます。

切開と縫合を基本とするため、過去の施術の実績と機材などを使いこなせるスキルがあり、豊富な経験がある医師へ依頼することが一番、優れています。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

上眼瞼リフトを扱っているおすすめのクリニックを探す上では、当相談所を用いると良いです。当相談所の良さは、初めて上眼瞼リフトを検討している方でも使いこなすことができる相談所である点となります。

電話やメールを基本として相談を行うことから始めることができ、初めての方でも難なく自分に最適なクリニックを探すことができます。美容整形の分野を初めて門を叩く人にとっては、失敗や費用などの面で不安を抱える方も多いです。

クリニック選びの参考や費用などの予算、施術を行ったことによるリスクなどの知りたい関心のある情報を知ることができます。おすすめのクリニックには、優れた医師が多く、患者さんの不安を取り除く説明をしっかり行ってくれます。

カウンセリングをしっかり行い、施術時間も患者さんに負担がかからない様に配慮された時間で行ってくれます。もちろん他のクリニックが行った施術のアフターメンテナンスも行える体制を持つクリニックも多く、スキルの高い医師が所属するクリニックを見つけることも可能です。

上眼瞼リフトは修正や調整を行いながら進めることもでき、施術を行った目は眼帯で隠して置き、元の状態に戻ったら眼帯を外してもう一方の目に対して施術を行う方法を導入することもできます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例のまとめ

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例として知っておくべき事としては、傷跡が残ってしまうと言うのが有ります。

実際に切開するのでどうしてもある程度の傷になってしまう事は有りますが、技術が高い医師であれば気になる様な傷が残らない様に施術をします。

しかし人によっては傷が残ってしまったり、シワが増えてしまったりと言う事も決して珍しくありません。

また切開と言う事になるのでどうしても気を付けたいのが感染症です。

実際に傷がある時のケアを正しく行っておかないと、眉下切開法(上眼瞼リフト)した事によって感染症を起こしてしまい化膿してしまったりする事もあります。

また人によっては血がなかなか止まらなかったり傷が開いてしまったりする事もあるので、その様な失敗があると言う事を知っておく方が無難です。

さらに眼球に傷がついてしまったりする事もあるので、眉下切開法(上眼瞼リフト)によって結局は目の感じは気に入った状態になっても目の機能自体に悪影響を及ぼしてしまう場合もあると知っておく事は重要です。

再手術の場合は?

具体的には、傷跡が目立ってしまっている場合には、再切開して、手術により生じた傷跡部分を取り除くことになります。

また左右差が出てしまった場合には、切除が足りない方を再切開し、皮膚を取り除くことによって、修正します。

皮膚の表面の凹凸にも再手術で対応することになりますし、内出血は放置すると皮膚が硬くなってしまうこともあるので、医師による処置が必要になります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)をしたにもかかわらず、たるみの除去が不十分な場合についても、皮膚の切除が可能であれば、再手術をすることになります。

いずれにしても再手術となるので、心身にそれなりの負担はかかることになるでしょう。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の術後に生じるトラブルは、手術前のカウンセリング不足や施術した医師の技術の未熟さにより生じることが多いものです。

だからこそ、特に顔にメスを入れるような手術をする場合などには、クリニック選び、医師選びが大切になります。

今後手術を考えている方、あるいは術後のトラブルにお悩みの方は、当相談所にお気軽にご連絡ください。安心して手術を任せられる医師をご紹介しています。

眉下切開法を失敗しない名医とは?

評判が良いクリニックであれば、眉下切開法による症例も豊富に取り扱っているため、それぞれの状態にあった適切な処置を行ってもらいやすく、失敗して後悔するようなことを避けて、満足できる仕上がりになる期待が持てます。

人によっては術後に違和感や腫れが続いてしまうこともあるため、対応をしっかりと行ってくれる医師を選ぶべきです。術後すぐに見た目の変化がある手術方法ですが、状態が落ち着いて完成したといえるのは、約6か月かかります。

勿論こうした失敗に関しては眉下切開法(上眼瞼リフト)を受けた人全てに起こると言う訳ではありませんが、このような可能性があると言う事を予め知った上で手術を受ける事はとても重要です。

また病院選びもこのような失敗に対する説明をしてくれる所を選ぶ方が無難です。

名医の選択について

眉下を切開して皮膚を切除する場合は、眉の部分に縫合箇所になるため一定の技量を積んだ医師であればほとんど傷跡を目立たせなくて済みます。

そのため比較的、選択される美容整形術ですが、一方で目頭のたるみを解消するには、やや効果が低いため上まぶたのバランスによって選択されるかどうかを決めることになります。

美容整形術では医師の技量はもちろんセンスも必要で、失敗のリスクを避けるためにも経験を積んだ名医に依頼することが重要です。

 

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*