目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

眉下切開法(上眼瞼リフト)に失敗した時に起こり得る5つの結果

眉下切開の失敗

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例についてまとめます。

眉下切開とは、目の上のたるみを除去する手術ですが、医師選びを間違えると致命的な失敗につながります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)に失敗すると

デザインの不自然さ

代表的な失敗例としては、まずは見た目で分かる失敗のデザインの不自然さがあります。

大きな物としては顔の雰囲気が全く今までとは違った感じになってしまうと言う物で、その場合は周りの人に何かあったのではないかと気づかれてしまう場合もあるのでこっそりと手術をしたいと思っている人にとっては出来るだけ避けたいと思う事だと言っても良いでしょう。

左右差

また目の形が変わってしまったり、二重の幅が左右で変わってしまうと言う事もあります。
出来るだけきれいな状態の眼にしたいと思って眉下切開法(上眼瞼リフト)をしたはずなのですが、手術によって結果的に顔のバランスが崩れてしまったと言う事もあるので気を付けなければいけません。

眉下切開法に失敗してしまうと傷跡が残る可能性が

眉下切開法は、美容整形術のひとつで眉の下側を切開して、皮膚を一部切除して縫合することで、眉下の皮膚をリフトアップし、まぶたのたるみを取るというものです。眉下切開法で切除する皮膚の量はわずかですが縫合を伴うため縫合した傷跡が残ることになります。

通常は眉下に沿って縫合するので術後も目立たず時間が経過すればほぼ見えなくなりますが、未熟な医師が行った場合には縫合跡が残るリスクが高くなります。

二重幅が変わるリスク

眉下切開法は、眉下の皮膚を切除して皮膚を引っ張り上げるという方法で、上まぶたが上方向へ引っ張り上げられることになります。そもそもこの方法であついまぶたを薄くするといったものであり、二重まぶたの場合には二重幅が変わることになります。適切な切除の量であれば若々しい状態に戻すことが可能ですが、過度な切除の量になると二重幅が不自然になるリスクがあります。このため施術を受けるさいには十分なシミュレーションをする必要があります。

たるみが取れないといったケース

眉下切開法は皮膚を切除し縫合する方法であるため、切除の量が少ない場合には、たるみが取れないといったケースもあります。また人によっては、皮膚の状態や、まぶたそのものの厚みや量が異なるため人によっては効果が出にくい場合があります。
特に向いていない人としては、目頭側にたるみが多いケースで、この場合には目頭側のたるみが上手く取れない場合があり、アンバランスな状態になるリスクがあります。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例のまとめ

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗例として知っておくべき事としては、傷跡が残ってしまうと言うのが有ります。
実際に切開するのでどうしてもある程度の傷になってしまう事は有りますが、技術が高い医師であれば気になる様な傷が残らない様に施術をします。しかし人によっては傷が残ってしまったり、シワが増えてしまったりと言う事も決して珍しくありません。

また切開と言う事になるのでどうしても気を付けたいのが感染症です。
実際に傷がある時のケアを正しく行っておかないと、眉下切開法(上眼瞼リフト)した事によって感染症を起こしてしまい化膿してしまったりする事もあります。
また人によっては血がなかなか止まらなかったり傷が開いてしまったりする事もあるので、その様な失敗があると言う事を知っておく方が無難です。
さらに眼球に傷がついてしまったりする事もあるので、眉下切開法(上眼瞼リフト)によって結局は目の感じは気に入った状態になっても目の機能自体に悪影響を及ぼしてしまう場合もあると知っておく事は重要です。

眉下切開法を失敗しない名医とは?

評判が良いクリニックであれば、眉下切開法による症例も豊富に取り扱っているため、それぞれの状態にあった適切な処置を行ってもらいやすく、失敗して後悔するようなことを避けて、満足できる仕上がりになる期待が持てます。

人によっては術後に違和感や腫れが続いてしまうこともあるため、対応をしっかりと行ってくれる医師を選ぶべきです。術後すぐに見た目の変化がある手術方法ですが、状態が落ち着いて完成したといえるのは、約6か月かかります。

勿論こうした失敗に関しては眉下切開法(上眼瞼リフト)を受けた人全てに起こると言う訳ではありませんが、このような可能性があると言う事を予め知った上で手術を受ける事はとても重要です。また病院選びもこのような失敗に対する説明をしてくれる所を選ぶ方が無難です。

名医の選択について

眉下を切開して皮膚を切除する場合は、眉の部分に縫合箇所になるため一定の技量を積んだ医師であればほとんど傷跡を目立たせなくて済みます。そのため比較的、選択される美容整形術ですが、一方で目頭のたるみを解消するには、やや効果が低いため上まぶたのバランスによって選択されるかどうかを決めることになります。
美容整形術では医師の技量はもちろんセンスも必要で、失敗のリスクを避けるためにも経験を積んだ名医に依頼することが重要です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*