目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

知らないと後悔する三日月法(目頭切開)の失敗を3つご紹介!

三日月法(目頭切開)に失敗、「平行二重にならない・末広のまま」原因は?

三日月法(目頭切開)とは、目頭部分を三日月の形に切開する方法です。

手術を受ける前にカウンセリングを行い、軽くシミュレーションをしながら、どのような感じで手術を行うのかを病院側ときっちりと相談します。

大きく切るか小さく切るのかなど、切開の方法で印象は随分と違ってくるため、自分のイメージをきちんと伝えるためにもカウンセリングは非常に重要になってきます。手術は日帰りで行う場合が多く、時間もそんなにかかりません。

傷自体も、通常であれば一週間程度でふさがり、腫れも同時にひいていきます。手術としては割と簡単に受けることができる為、気軽な気持ちで手術を受ける方も多いです。

しかし、手術であることに変わりはなく、失敗するケースもあるということをきちんと頭に入れておく必要があります。三日月法(目頭切開)を受けた場合の失敗とはどのようなものなのか、事前にきちんと調べ、把握しておくことがなによりも重要になってきます。

三日月法(目頭切開)の失敗

三日月法(目頭切開)の代表的な失敗例

三日月法(目頭切開)を受けた場合でおこりうる代表的な失敗例としては、まず、手術をうけたのに後戻りしてしまったというケースがあります。また、傷跡が目立ってしまったり、目頭のデザインが、自分が思っていたのと違っていた場合や、左右差等の失敗などがあげられます。

そんな時に、きちんと修正や再手術を行う病院もありますが、中には手術後のアフターケアも行わない病院もあります。そういうところは、カウンセリングをきちんと行っていない場合が多いのです。

アフターケアをしっかりと行っていない所で手術を行ってしまうと、後々後悔することになります。内部組織が崩れてしまうと、再手術さえ難しくなってしまい、取り返しがつかなくなってしまう可能性もありますので、きちんと口コミや事前にきちんと三日月法(目頭切開)のメリットやデメリットなどを把握したうえで、アフターケアーのしっかりとした、高い技術力と信用のおける病院にて手術を行うようにしましょう。

手術後の傷跡について

三日月法(目頭切開)とは、目頭切開手術の中でもシンプルな手術です。
目頭の皮膚と蒙古襞を三日月型に切開して、目の幅を広げていきます。
この手術は、スタンダードな目頭切開方法なので、多くのクリニックで行われていますが、経験の浅い医師に手術を任せた場合には、傷跡が残ってしまうというリスクもあります。
切開時の切り方や切る場所によって、傷跡の残り方も異なるので、医師の技術力に注意しましょう。

手術後の後戻りの可能性

三日月法(目頭切開)の美容整形手術を行ったのにも関わらず、手術後に後戻りしてしまうという可能性もあります。これは、切開方法や、切開した部位が最適でなかったり、手術後の処置がきちんとされなかった場合に起こりやすいトラブルです。

後戻りしてしまった場合には、再手術や他の方法での手術を行う必要があります。
費用の負担も、体の負担も大きくなって来てしまうので、手術前にリスクについてよく理解しておきましょう。

三日月法(目頭切開)は、安いところで両目で150,000円ほどの値段で行われています。皮膚は、切り取ると戻ろうとする力が強く働く性質があるため、三日月に切り取る範囲が狭すぎてしまうと日にちが経つにつれて元通りに見えるほど戻ってしまうことがあり、経験が低い医師が行うと戻りを意識するあまり、切り取りすぎて不自然な目頭にしてしまう失敗があります。

平行二重にならない・末広のまま

三日月法(目頭切開)をしたのにも関わらず、二重のラインが平行二重にならない・末広のままというトラブルもあります。
きちんとした医師であれば、カウンセリング時に説明してくれますが、目頭切開をしても必ず二重のラインが変わるともいえません。
元の二重のラインの状態や、その人の目の形によって変化は異なります。
希望する仕上がりの状態は、カウンセリング時にきちんと医師に伝えることで、必要な手術が分かります。

名医による手術が安全

三日月法(目頭切開)に限らずに美容整形手術では、得意とする医師が必ずいます。
名医と呼ばれるような、豊富な知識と、実績のある医師による手術であれば、技術力も確かなので安心して任せることが出来ます。

さらに希望している仕上がりにするための手術内容の提案なども、知識があれば丁寧にしてもらえるので、1回の手術で理想に近づけることができます。

手術が1回で済めば費用の面も、体への負担も軽減できます。

体験談をご紹介

目頭切開は技術のある医師に行ってもらう必要がある術式で、クリニックによっては取り扱っていないことがあるため慎重に選ぶことが大切とネットで見たのですが、東京で目頭切開に対応できる美容外科は、東京ISEAクリニックや、もとび美容外科クリニックなどにおいて受けることがで切るようですが、腕はどうしょうか?

三日月法(目頭切開)で評判の良い美容外科教えます!

目頭の蒙古襞部分を三日月状に切除する方法で、単純切開と呼ばれることもあります。皮膚を部分的に切り取ることになりますが、傷跡は比較的目立ちにくく安心して施術を受けることができます。施術時間も20分ほどと短時間で済むため、忙しい人でも受けやすい手術です。抜糸のために、1週間程度経過したら再度医師の診察を受けて、抜糸してもらう必要があります。

理想とするデザインに近づけるためには、三日月に切り取る大きさがとても重要で、医師の経験と知識に仕上がりが左右されやすいため、シミュレーションをしっかりと行い、手術前のマーキングも丁寧に実施しているところであればより良いです。

経過観察を行ってくれるクリニックであれば、満足できない仕上がりにされたときに再手術を依頼することも可能ですが、医師が失敗を認めず、治療費が再度かかってしまうことがあります。綺麗に整っていなかったり、左右差が出てしまうようなことが起きないようにするためにも、実績を積んでいる医師に担当してもらうべきです。

東京で三日月法(目頭切開)の施術を受けた患者からの評判が高いクリニックなら、リスクを避けて安全性が高い治療を受けることができます。手術前に戻りやすさについては、しっかりと説明を受けて納得してから受けるようにしましょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*