目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

ミニZ法(目頭切開)のアフターケアで大事なことって何?

ミニZ法(目頭切開)とは、目頭切開手術の方法のうちの一つです。
目頭切開手術には、ミニZ法(目頭切開)のほかに、W法、Z法、リドレープ法と呼ばれる蒙古ひだを入れ替える手術と、単純切開法、三日月法と呼ばれる目頭を切り取っていく方法に分けられます。
アジア人の目の特徴として蒙古ひだが大きい人が多く、この蒙古ひだによって目が小さく見えてしまっている場合があります。
蒙古ひだによって目が小さく見えてしまっていたり、目が離れて見えてしまっている場合は、蒙古ひだを入れ替えるような手術が効果的です。
蒙古ひだの入れ替え手術は、目頭切開手術でも切り取る部分が少ないため、傷口も小さく済み体への負担も少なくなります。
アフターケアも医師の指示をきちんと守って過ごせば、大きなトラブルが発生する心配は少ないです。
しかし、大きな変化を感じられなかったり、仕上がりに満足いかないということもあるのできちんとしたカウンセリングを行う必要があります。

ミニZ法(目頭切開)のアフターケア

アフターケアのポイント

ミニZ法(目頭切開)は、Z型に皮膚を切開し皮膚を入れ替えることで、目頭がすっきりとするので目の幅を広げることができます。
皮膚を入れ替えるだけで、切り取るわけではないので、劇的な変化は望めません。
そのため、ミニZ法(目頭切開)では、仕上がりのイメージが異なっているというトラブルも多くあります。
また医師の腕によって傷跡の残り具合などの、仕上がりに差が出てくるので、きちんと信頼できる医師に手術してもらったほうが良いでしょう。
アフターケアのポイントとしては、自己判断で行動しないことです。
まず手術後には麻酔が切れると傷口が痛み出します。
このとき無理をして我慢をせずに、医師から処方された鎮痛剤を利用して痛みを乗り切りましょう。
また腫れがある場合はアイシングなどを行い落ち着かせましょう。
血行が良くなると痛みが出たり出血につながるので、激しい運動は避け、入浴もシャワーなどで簡単に済ませましょう。
不安なことは医師に相談するのが良いでしょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*