目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

蒙古襞形成(目頭切開修正)のダウンタイムは大体どのくらい?

蒙古襞形成(目頭切開修正)は、目頭の涙丘が見えるように切開を行った際、医師の技術によりバランスが悪くなってしまってとがりすぎ、きつい目になってしまったときや丸みのある形にされてしまい、パンチで穴をあけたような状態にされて不自然な形になってしまった時などに、数ミリの範囲で縫い戻したり、皮膚を切り涙丘を覆い隠すようにして蒙古壁を復活させることで修正を行います。

目頭の皮膚を切開して折りたたむ方法や皮膚を移動させる方法などいくつかやり方があるため、よくカウンセリングを受けて行うべきで、蒙古壁を作るための皮膚が足りない場合は植皮に頼らなければならないこともあります。ダウンタイムは切開する範囲や皮膚を移動させるかどうかで違ってくるため、仕事をしている方は休みを取得する都合上、蒙古襞形成(目頭切開修正)のダウンタイムがどれくらいになりそうか医師に確認を行い、傷の治りが普段から遅い人はそれに数日プラスして考えるとよいです。

蒙古襞形成(目頭切開修正)のダウンタイム

ダウンタイムは抜糸までの2週間ほど

蒙古襞形成(目頭切開修正)は一般的にそれほど腫れる手術方法ではありませんが、麻酔を入れたり切開して目の周りには負担がかかっているため、ひどい痛みや内出血は3日ほどは続きます。抜糸まではメイクを行うことができないので、ダウンタイムは抜糸までの2週間ほどになりますが、片側ずつ修正を行い眼帯を利用すれば翌日から仕事復帰を行うことはできます。ただし、重労働を行い目に力を入れてしまうと治りが遅くなるため、数日休んだほうが無難です。

皮膚が足りない人は蒙古襞形成(目頭切開修正)の手術を複数回に分けて行わなければならない人もいるので、治療計画は医師と綿密に話し合いをするべきですし、より技術の高い医師が行わないと失敗し、皮膚がひきつったり目元のデザインがおかしくなってしまいますから、修正に慣れている医師を選ぶことが大事です。

蒙古襞形成(目頭切開修正)の名医は相談所にてご紹介することができます。リスクを避けてきれいな目元に戻すためにも、気になったらお問い合わせください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*