目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

受ける前に知っておきたい!目のプチ整形のデメリット4つまとめ

目のプチ整形として人気となっているのが、「埋没法」です。

埋没法は一切メスを使わず、二重のラインを作り出します。

医療用の特殊な糸で、まぶたの皮膚を固定し二重のラインを作り出すのです。

顔にメスを入れないという手軽さと、メスを使う美容整形より費用がリーズナブルという事もあり、多くの方が施術を受けています。

皮膚を切開・縫合する外科的な手術を行わない為、施術後に腫れや痛みが長く続くという事もほとんど無く、また傷跡が残るという心配もありません。

費用も両目の施術を行った場合、約10万円前後と他の二重形成の効果がある美容整形と比較すると、大変リーズナブルです。
美容整形というよりもメイクやエステ感覚で、施術を受けられるという事もあり、若い世代から主婦まで幅広い世代の方に埋没法は人気となっています。

ただし、メリットばかりと思われている、目のプチ整形にもデメリットはあります。
この点は事前に知っておく必要があるでしょう。

目のプチ整形のデメリット

「埋没法」のメリット、デメリット

目のプチ整形の1つ「埋没法」は、施術後の腫れや痛みも少なく、すぐに日常生活に戻れるダウンタイムの短さがメリットです。

しかし、メリットがあれば当然、デメリットも存在しています。

まぶたの脂肪や皮膚が厚すぎるという場合、時間の経過で糸が外れてしまうケースがあります。
まぶたが厚いという方の場合、向いていないと言えるでしょう。

この他に、幅の広い平行二重は作り難いという点も、デメリットとして挙げられます。
この他に、医師の技術が低い場合、失敗のリスクがグンと高まってしまいます。

医師の腕が未熟という場合、左右で二重の幅が違うという失敗を、引き起こすケースがあるようです。
目のプチ整形を受ける際は、デメリットや失敗のリスクを少しでも下げる為、医師選びを慎重に行う必要があります。
当相談所では埋没法の名医と言われる、熟練した技術を持つ医師をご紹介しています。
埋没法を受ける際、医師選びに迷ったらご気軽にご相談ください。

「糸が取れる」デメリットについて

目のプチ整形で二重にすることはメスを使わず手軽で比較的安価にできますが、糸が取れることがあります。二重のプチ整形は埋没法といって糸を埋め込んで二重にしますが、まぶたに厚みがある場合や、まぶたに脂肪が多い場合、目がくぼんでいる場合や施術によって二重の幅を広く作っている場合などは糸が取れる可能性があります。施術者の技術などにもよりますが、施術から2年程度で糸が取れてしまう場合もあります。

「二重の消失」デメリットについて

メスを使わずに気軽に二重にできる目のプチ整形の埋没法は、術後の腫れなどが少なくすぐに日常生活に戻ることができ、仕上がりも自然ですが、二重の消失という場合も考えられます。埋没法は一般的には3〜5年程度で二重が消失し、一重まぶたに戻ることがあります。数年二重が維持できても徐々に糸で固定したラインが重力で下がり、二重の幅が狭くなることも考えられます。二重が消失した場合には施術を繰り返すことで皮膚への負担も考えられます。

「末広になりやすい(平行二重になりづらい)」デメリットについて

目のプチ整形で二重にできる埋没法は、どのような形の二重もできるわけではありません。ある程度作れる二重の位置や形は決まっており、どちらかというと末広になりやすい(平行二重になりづらい)です。特に西洋人のような平行二重にはプチ整形では難しい場合が多いです。プチ整形ではなく、メスを使って切開する方法で平行二重を作ることができるため、希望する場合には医師に相談することが希望の二重の形にする方法です。

おすすめはプチ整形をお願いする医師をしっかり選ぶことです

メスを使わずに比較的安価にできる目のプチ整形は、二重を止めている糸が取れてしまったり、希望する二重の形状にできないこともあります。施術はメスを使わないため気軽にできるものですが、施術する医師の技術や経験などによっても仕上がりは異なる場合があるため、おすすめは経験豊富な医師に施術をしてもらうことです。

自分ではどのクリニックや医師にお願いしてよいか迷う場合には、名医を紹介している当相談所に相談してください。適切な名医をご紹介致します。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*