目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

つり目形成のデメリット3つをまとめてみた

もしつり目形成で傷跡が残るときは?デメリットの対策

目元の印象を変えるためにつり目形成の手術を受ける方が多いですが、その手術をすることによって起こるデメリットも知っておく必要があります。

まず印象を変えるために行なうものですが、つり目形成ですので鋭い印象を相手に与えますから可愛い系の顔になりにくいのです。

鋭い顔つきは大人びた印象を与えて落ち着いた雰囲気を出してくれますが、人によっては年上に感じるようになったりと印象によってはデメリットになりかねません。

また白目の部分が大きいとそこが目立ってしまい、どうしてもキツイ印象を与えてしまいがちになります。

こういったように相手に与える印象は受け取る人によってはメリットにもデメリットにもなります。

もちろんつり目形成をすることによって良い印象を与えて、とても魅力的になることも十分ありますが、逆になる可能性もあるということを覚えておきましょう。

自分に合っているかどうか、完成した後のことも考えておくことが大事です。

つり目形成のデメリット

つり目形成でデメリット

つり目形成でデメリットになるのは相手に与える印象だけではありません。

手術に失敗したとしても修正することは可能になりますが、最大のリスクになるのが傷跡です。

つり目形成の手術に成功したとしても技術が未熟な医師やクリニックで施術を受けると傷跡が残る場合があります。

手術が成功して綺麗な目になったとしても傷跡が残っていると台無しになりますので、こういったリスクがあるということを理解しておかなければなりません。

傷跡には時間経過で治る赤い傷跡と治らない白い傷跡があり、赤い傷跡は腫れやかゆみが発生しますが、ほぼ治りません。

しかし、白い傷跡は白い線のような傷跡が残った状態となりますので、目立ちにくくさせたり、手術前に医師とよく相談して理解して手術を受けないといけません。

つり目形成にはそれなりのリスクやデメリットもありますから万が一の失敗もありうるということを分かった上で周囲と相談したり、クリニックで説明して貰ったりしてから手術を受けてください。

「変化・効果が無い」デメリットについて

つり目形成の美容整形手術では、垂れ目で悩んでいる人の症状の改善を行うことができます。
手術の方法は、もともとの目の形や、担当する医師の判断によっていくつかありますが、目尻を切開して、希望している形へ近づける方法が一般的です。

しかし、手術の方法によっては、変化・効果が無いということもあります。
変化を感じることが出来なかった場合には、再度他の手術方法で修正手術を行うことになります。

手術後の「後戻り」デメリットについて

つり目形成の手術では、手術後の後戻りのデメリットもあります。
目尻の皮膚を切開して、希望のラインに合わせて再縫合してつり目を作成していきますが、元の目の形によっては、適していないというケースもあります。

また、縫合技術が低い医師の場合には、手術後の後戻りのリスクが高くなります。
医師の判断力や、技術力によって、リスクを回避することが出来るので、手術をするときには医師選びを慎重に行いましょう。

手術による「傷跡」デメリットについて

つり目形成の手術のデメリットとして、手術による傷跡が残るということがあります。
この傷跡についてのリスクは、皮膚の切開を伴う美容整形手術のすべてに共通しているものです。
しかし、特に目元の美容整形手術の場合、傷を隠すことが出来なかったり、日光に当たると傷が目立ってしまうというデメリットがあります。

メイクでもカバーできない場合には、周囲に美容整形がばれてしまうという可能性もあります。

手術をするには名医を選ぶことが大切

美容整形手術には、必ずメリットとデメリットがあります。
美容整形手術を行う場合には、医師選びを慎重に行うことが大切です。

名医と呼ばれているような技術力もあり、知識も豊富な医師は、人気が集まっているので予約が取りにくかったり、手術費用が高額な場合もあります。

費用だけで手術を決めるのではなく、担当医の実績やクリニックの口コミなども慎重にチェックしましょう。
最初の手術が成功することが大切です。

こちらのご相談窓口ですべてをクリアしている名医のご紹介を致しております。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*