目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

W法(目頭切開)の失敗を4つピックアップしてみると。。

W法(目頭切開)の失敗として起こり得る「傷跡」いったいどういう状態?

W法(目頭切開)とは、目頭切開手術の術式のひとつです。ぱっちりとした大きな目は多くの人々の憧れですが、日本人の場合は、目頭を覆っている蒙古ヒダがその妨げとなっています。W法(目頭切開)はそんな蒙古ヒダを解消できる手術として良く知られています。

W法(目頭切開)とは目頭を覆っている蒙古ヒダをW型に切り開いて皮膚を切除し、Wの中央部分の皮膚を目頭の奥に差し込むようにする手術です。従来の手術は目頭の皮膚を切り取るだけだったので、再生能力が働いて元に戻ってしまったり、引きつれが起きてしまったりしました。しかし新たに開発されたW法は、手術後に元に戻ったり引きつれを起こしたりするのが激減しました。可愛らしい印象の柔らかい雰囲気になりますし、ぱっちりとした大きな目で外国人のような顔立ちに変化します。

このように、雰囲気をがらりと変えてくれる手術ですが、時には失敗することもあります。そのため、もし手術を受けるなら、失敗するとどうなるのかを知っておく必要があります。

W法(目頭切開)の失敗

傷跡が残る可能性がある術式「W法(目頭切開)」

「目を大きく見せたい」というのは女性誰しもが持つ願いで、現代ではZ法、W法、三日月法など様々な手術で目を大きくすることができます。
その中でも、より大きな目元の変化が欲しい人、外国人のようなぱっちりした大きな目を手に入れたい人に選ばれているW法(目頭切開)は、日本人の8割が持っていると言われる蒙古ひだという皮膚を完全に切除してしまいますので、他の術式に比べて切開部分が大きく、傷跡が残りやすいという側面があります。

失敗しても後戻りはできない術式

目頭の蒙古ひだと呼ばれる皮膚は日本人の目を小さく見せる原因であり、外国人のような平行二重にならない原因でもあります。
この蒙古ひだを完全に切除してしまうW法は、その部分の皮膚がなくなってしまうので、たとえ手術後に「目元が気に入らなかったからやり直したい」と思っても、後戻りはできないというデメリットがあります。しかし、もともと目元の形の調整がしやすい術式なので、手術前の細かい打ち合わせ次第で失敗は回避することが可能です。

W法(目頭切開)を行ったのに平行二重にならない・末広のままなのはなぜ?

二重の理想形として、「外国人のようなぱっちりした平行二重」をイメージして手術を受ける人は多いです。そのためには、平行二重を妨げている原因である蒙古ひだを完全に切除して、二重形成手術を受ける必要があります。
W方はその蒙古ひだを切除する術式なので平行二重を手に入れたい人によく選ばれる方法ですが、「蒙古ひだの切除が不完全だった」などの失敗からダウンタイム後も平行二重にならない・末広のままだったという例もあります。

不自然な形になってしまうことも

蒙古襞部分の皮膚を取られすぎてしまうと、不自然な形になるほか、縫合時に注意してもらわないと目頭の形が悪くなってしまう可能性があります。正しく行われればW法(目頭切開)は自然な目頭にみせることができる手術方法ですから、技術のある医師に行ってもらうことが大切です。入院する必要がなく、個人差がありますが腫れも少ない方法で3日から1週間ほどで治まってくる手術です。

手術前の状態に戻すことがとても難しい手術

W法(目頭切開)は丸みのある大きな目が特徴ですが、やり過ぎてしまうと丸すぎて不自然に感じられる目になってしまいますし、涙丘が見えすぎたり幅が広すぎたりして、バランスの悪い顔立ちになってしまいます。また、日本人は元々蒙古ヒダがある人がほとんどなので、涙丘の露出度によっては、まわりの人々に手術をしたということがばれてしまいます。

そして、W法(目頭切開)は皮膚の切除を行う必要があるので、手術前の状態に戻すことがとても難しい手術です。もし手術に失敗したとしても、修正は難しくて元の状態に戻すことは困難だということを、きちんと頭に入れておく必要があるのです。また、W法(目頭切開)は目の形を変える手術なので、ただ大きい目にするのではなく、理想に近づけるためのカウンセリング力や技術力や美的センスも重要です。失敗を回避して理想の目を手に入れるためには、カウンセリング力と技術力と美的センスに優れた名医を選ばなければなりません。

W法(目頭切開)の失敗

目頭切開を行う際に名医を選ぶには

1ミリでも切る範囲が変われば大きく印象を変える目元は、どうしても失敗したくない箇所です。蒙古ひだがあることで目の小ささに悩む人が多い日本には、目頭切開を行うクリニック・美容外科は多くあります。

その中から理想の目元を実現してくれる名医を探すには、医師の技術力ももちろんですが、好みや傾向をヒアリングすることも大切です。医師の目元の好みによっても、自分のイメージがきちんと相手に伝わるかどうか変わってくるからです。

縫合の技術としても、8-0、7-0ナイロン糸などの極細糸を使用した名医を推奨いたします。お気軽に名医紹介の依頼をいただければと思います。もちろん、無料で対応しております。

安い病院もあるが注意

東京のW法(目頭切開)で、安いところは両目で220,000円ほどです。蒙古襞の部分をW型に切開して不要な皮膚を取り除いてしまいますから、失敗してしまうと修正を行うことがとても大変で、蒙古襞を再生させるためには割と費用がかかってしまいます。

W法(目頭切開)はほかの方法よりも傷口が目立ちやすくなるため、丁寧に手術をしてもらわないと失敗していつまでも目立つ跡が残ってしまう可能性があります。評判が良いところはそれだけの技術があり、施術数も豊富になっていますから、リスクをできるだけ避けるためには評判が良いところを選ぶべきです。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*