目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

全切開に失敗5つ・修正手術を経過ブログから分析

アイテープなどで毎日、二重まぶたを作っているという方も多いでしょう。

二重まぶただと目が大きく見えるだけでなく、顔全体の印象もアップします。
ですので、一重まぶたや奥二重だと、やはりコンプレックスに感じてしまいがちです。

メイクで二重まぶたを作る事もできますが、洗顔してしまったら元の状態に戻ってしまいます。
また、アイテープなどを使い続ける事によって、まぶたがたるみ、さらに厚ぼったい目元になってしまうケースもある為、注意しまししょう。

一重まぶたや奥二重のコンプレックスを解消したいなら、美容整形がおすすめです。

中でも全切開という施術法は、まぶたについている余分な脂肪も除去できる為、施術を受けると目元の印象がガラリと変わります。
目元のコンプレックスも全切開、1度の施術で無かった事になるのです。

ただし、施術を行う医師の技術が低い場合、失敗してしまう可能性はゼロではありません。
もし失敗してしまった場合、修正治療を受ける方が多いようです。

こちらのページでは、全切開の失敗例や修正についてご案内しています。

全切開の修正

二重まぶた治療の要所

美容整形の中でも特に二重まぶた治療は高い人気となっており、治療方法も様々な種類があります。

特に手軽に行える方法はメスを使わずに二重のラインをくせづけする埋没法ですが、人によってはこうした施術だけではラインが取れやすい、まぶたの腫れぼったさが取り除けないという場合もあります。

よりラインをはっきりさせたい、脂肪を取り除きたいという場合は切開で治療を行うこともありますが、特に腫れぼったさが強いという場合は全切開が向いています。

全切開法は幅の広い二重まぶたになりたいという方に、おすすめの二重形成術です。
まぶたの皮膚をメスで切開し縫合して、二重のラインを作ります。

脂肪が厚いまぶたでもクッキリとした二重のラインを、形成出来る点が全切開法の魅力です。

上手な医師・クリニックの特徴

全切開法の修正手術は、二重のラインを広げる場合と狭くする場合で内容に違いがあります。

二重のラインを広げたいという場合は、前回作った切開線の上をさらにメスで切って、新しい二重のラインを形成するのが基本です。
新しい切開線を作った後は、前回の手術で皮膚が癒着している部分を剥がし、縫合するという施術を行います。

あまりにも幅が広く不自然な印象なので、二重のラインを狭くしたいという場合は切開線ごと皮膚を切除して、一旦ラインを消します。
その後に縫合して、新しい二重のラインを作るという修正手術を行うのが一般的です。

全切開の修正手術を受けるという場合は、目元の美容整形を得意とする医師を選びましょう。

特に修正手術の上手な医師は、他院で全切開を行った方の修正手術を多く受け入れているという特徴があります。

また、カウンセリングにも力を入れている医師かという点も、上手かどうかを判断する1つのポイントです。

理想の二重まぶたにするには、医師と患者がしっかり意思疎通を行っておく必要があります。

患者がイメージする目元を医師が把握してこそ、理想的な二重まぶたを作れるのです。

技術・知識が高いという事はもちろんの事、患者の話を聞いてくれるかどうかも、上手な医師を見分けるポイントになります。

全切開に失敗したらどうなってしまうのか

全切開に成功すると半永久的な二重ラインが維持される

全切開は皮膚を切開して、脂肪を取り除くなど処理を丁寧に行い、強固なラインを作っていく治療です。

まぶたの腫れぼったさも目立たなくなり、二重のラインもしっかりつけることができますので、埋没法のようにラインが取れてしまうという心配もなく、半永久的に二重のラインを手に入れることができます。

成功すると理想の美しい目元にすることができますが、やはりこうした治療にも失敗例はありますので、リスクについてもよく理解しておきましょう。

ローラ (モデル)と同じようなアーモンドアイの目になるにはどういう整形が良い?

憧れの芸能人のような顔になりたいと整形を考える人は実は多いと思います。

最近は一言に整形と言っても、大掛かりなものだけではなく低価格な短時間でサッと済ませることのできるプチ整形もあるので、手軽で身近になった印象もあります。

テレビ番組でも活躍するローラ (モデル)は左右対称のアーモンドアイでとても印象的です。

しかしハーフであるローラ (モデル)のようにするにはかなり色々な手術が必要な気がしますが、どんな手術があるのでしょうか。

まず、大きさはとても重要であるため、目頭切開法で距離を調整し眼球の露出を増やすという方法があります。
またローラ (モデル)の二重は幅が広くくっきりとしています。

このような二重にするためには、プチ整形とも言われる埋没法という10分から20分で終わり腫れも数日で引く手軽なものや、この方法よりも二重の持ちが良いとされる小切開法、腫れや内出血がなくなるまでが1週間から2週間と長めですが二重のラインが取れにくい全切開法があります。

さらには目の大きさを強調する効果がある涙袋の整形もあります。
こちらは涙袋にヒアルロン酸を注射するというメスを入れないプチ整形です。

持続期間は3ヶ月から6ヶ月程度とされており、施術後に少し後悔した場合でも元に戻るので比較的安心して受けられます。

どの手術もそんなに大掛かりなものではありませんが、はっきりとした顔立ちになりすっぴんでも自信を持てるようになるかもしれません。

もちろん元々の目は人によって違うため手術の内容はこれだけではありませんし、種類によっては費用も膨大になることもあります。

また整形はちゃんとしたクリニックでカウンセリングを受け、医師と十分相談し納得した上で手術してもらうことが大切です。

目の整形の名医-失敗と効果

全切開の失敗例・修正は何回もできる?

全切開で起こり得る失敗についてまとめます。全切開が失敗してしまう例としては、まず傷跡が目立ってしまうということがあげられますし、左右のラインに差ができてしまうということもあげられます。

全切開の修正手術はどのように行われるのか、トラブル例をまとめてみます。

全切開法によって不自然な二重のラインになってしまい、修正手術を受けなければいけなくなったというケースも少なくありません。

全切開法を受ける場合、手術によってどのような失敗・トラブルが起こるのか事前にチェックしておきましょう。

全切開法の失敗として多いのは、二重のラインの幅が狭すぎた、逆に幅が広すぎたという満足の行く仕上がりにならなかったというケースです。
この他に、ラインがガタガタになってしまい不自然な印象になってしまった、という失敗例もあります。

このような失敗は医師と患者との間で、しっかりカウンセリングが行われておらず意思疎通不足だったというケースや元々、医師の技術・知識不足が原因で起こります。

目元は顔のパーツの中でも、特に人の目を集める箇所です。

もし、全切開を受けて失敗したと感じた場合は、修正手術も検討してみましょう。

修正手術を受ければ失敗を解消でき、なおかつ理想的な二重のラインを作れるかもしれません。

 

全切開の失敗

知っておいてほしい、全切開の失敗。希望の二重にならないってどういうこと?

そして似合うラインは人それぞれ違いがありますが、時には理想のラインにならないということもあります。埋没法の場合は比較的修正はやりやすいので、ラインが気に入らなくてもやり直すことができますが、全切開を行った場合は修正はかなり難しくなってしまいます。

全切開で起こり得る失敗についてまとめます。

手術後の傷跡がへこむ

二重形成の方法にはいくつかあります。
手軽に低価格で行える埋没法のほかに、半永久的に作成したラインが消えることがなく、深くくっきりとしたラインを作ることが出来る全切開法があります。

この全切開の場合、二重のラインに合わせて皮膚を切り、縫い合わせることで二重のラインを作っていきます。
これにより、縫合の技術が低い医師による手術の場合、傷跡が目立ってしまったり、傷跡がへこむなどのリスクも起こります。

二重のラインが不自然でバレる

全切開法のリスクとしては、二重のラインが不自然でバレるというものがあります。
この手術は、二重のラインを深くはっきりと出すことが出来るだけでなく、ラインの位置も自由に決めることが出来ます。

しかし、理想とする二重のラインと自分の顔のバランスに合っているものは異なります。
事前の医師とのカウンセリングで、希望をきちんと伝えて、仕上がりの状態を確認してから手術を行うほうが間違いないでしょう。

二重にならない場合とは

二重形成手術において、手術をしたのにも関わらず二重にならない場合がまれにあります。
これは、もとの目の形や性質に対して、その手術内容があっていなかったケースが多いです。

事前のカウンセリングで、希望している二重のラインのデザインやもとの目の状態をきちんと把握していなかったことが原因です。
知識が豊富な医師であれば、カウンセリング時にその人に向いている手術の内容の提案をしてくれるので、医師選びが大切です。

まぶたが開きにくくなる

このほかの失敗例としては、まぶたが開きにくくなり、まぶたが閉じにくくなる、目の上の脂肪を取りすぎることで、目の上がくぼんでしまうなどがあげられます。

施術直後は腫れがあることもあり、腫れが引くまでは理想のラインになっているかどうかを確認しづらいこともあります。

理想の仕上がりにならなかった場合は修正で改善していくこととなりますが、そういったことにならないよう、一度の施術で良い仕上がりになることが大切です。

目元はとても目立つ部分ですので、できるだけ名医と呼ばれる医師に担当してもらえるよう、医療機関の情報はよく調べておきましょう。

トラブル回避のおすすめの方法

希望していた仕上がりにならなったり、傷跡が目立ってしまうなどのトラブルは、目の美容整形手術だけでなく、どの部位においてもあるトラブルです。

しかし、目は顔の中でも注目されるパーツなので失敗してしまうと、とても目だってしまい、さらにコンプレックスとなってしまいます。
このようなトラブルを回避するためのおすすめの方法としては、医師選びを慎重に行うことです。

手術費用は多少高額になりますが、きれいな仕上がりが期待できます。

上手い医師・病院選び

全切開はまぶたの皮膚をメスで切開し、縫合する事によって二重のラインを作る美容整形の1つです。
腫れぼったいまぶたでも、くっきりとした二重まぶたを作れます。

人気のある美容整形ですが、技術の低い医師が施術を行った場合、失敗のリスクがあるので注意しましょう。
もし、失敗してしまったら修正治療によって、二重のラインを整える事は可能です。

ただ、全切開は1度、皮膚を切っているという事もあり、修正は何度も行えません。

もし、何回も修正治療を受けた場合、まぶたの皮膚が極端に少なくなり、目が閉じづらいといった症状が起こると言われています。

ですので、もし、全切開を受けて希望する二重のラインにならず、もう1度施術を受けたいという場合、医師選びがとても重要となります。

当相談所では施術の技術が高い、名医と言われる医師をご紹介しています。
少しでも安心して施術を受けたい、医師選びに迷っているという方は、ご気軽にご相談ください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

全切開法を受けたけれど、不自然な見た目になってしまった・・・、思ったような二重のラインにならなかったという場合は、修正手術を受けてみましょう。

全切開法をやり直す場合は、施術を受けたクリニックではなく、他のクリニックで施術を受けても問題にはなりません。
手術を受けて失敗してしまったクリニックで再度、手術を受けるとなると「また失敗しないか?」とかなり不安に感じるでしょう。

より良い仕上がりを得るには、他院で修正手術を受けるという選択肢も入れる事をおすすめします。
ただ、どこのクリニックが修正手術を得意としているか、見極めるには多くの情報を集めて実際にカウンセリングに何か所も通うなど、時間と手間暇がかかるものです。

クリニックを比較する時間が取れないという方や、クリニックを判断するのが難しいと感じる方は当相談所にご連絡ください。
当相談所では全切開法をはじめ二重形成を得意とする医師、修正手術のスペシャリストと言われている医師のいる、おすすめのクリニックをご紹介しています。

当相談所にご相談いただければ、安心して施術を受けられるクリニックをチェックできます。
すぐにご紹介できるので、ご気軽にご連絡ください。

目の整形の名医-失敗と口コミも


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*